読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鮎川俊介の「晴行雨読」

晴れたら小さい旅、雨が降ったら静かな読書。風景や本、人との出会いを記録します。

広瀬川の永久橋より河岸場跡を望む

f:id:ayushun:20160701041747j:plain 

 かつては川岸町通りから馬坂という急な坂道を下っていくと、広瀬川の河岸があり、喜兵衛河岸もしくは孫右衛門河岸と言われました。

 武(たけ)孫右衛門の名前は、航路安全を祈願して文政2年(1819年)に建てられた石灯籠に、願主の一人としてその名前が刻まれていました。

 広瀬川利根川の分流で、渋川で利根川から分かれて、伊勢崎の河岸を経て利根川に合流します。

 利根川を利用した灌漑用水として整備されましたが、水運にも利用され、米や諸産物が船で運ばれました。

 伊勢崎の河岸から下って行くと、まもなく利根川に出ますが、そこにある河岸が平塚河岸でした。

 伊勢崎の河岸は永久橋の南側(下流側)の左手にあったようであり、永久橋の中ほどから広瀬川下流を眺めてみました。

 もちろん、広瀬川に架かるこの永久橋はかつてはなかったはずです。