読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鮎川俊介の「晴行雨読」

晴れたら小さい旅、雨が降ったら静かな読書。風景や本、人との出会いを記録します。

奥順店舗・奥順見世蔵・キヌヤ薬舗

f:id:ayushun:20160710041751j:plain

 「織物買継商」の店看板が掛かった「奥順店舗」は、木造で大正初年に建てられたもの。

 「奥順見世蔵」は、屋根裏の小屋梁に取り付けられている棟札から明治19年(1886年)3月25日に上棟されたもの。

 その「奥順見世蔵」の右隣にある「キヌヤ薬舗店舗」は、「奥順見世蔵」とほぼ同じ時期に造られたもの。この見世蔵を買い取って開業したのは昭和24年(1949年)で、それ以前は、自転車店、和裁洋品店(お針屋)、電気会社の店舗などとして使用されていたとのこと。

 通り(大町通り)を隔てた向かいにあり、現在「奥順壱の蔵」という喫茶店になっている見世蔵は、奥順の別館でかつては2階が物置代わりに使われていたもので、戦後に奥順の所有となったもの。

 見世蔵の多い結城の街なかでも、このあたりは、「奥順壱の蔵」の国登録有形文化財のパネルに記されているように、「奥順店舗や見世蔵、キヌヤ薬舗と一体になって伝統的な町並み景観を形成」している区画です。

ここに脚注を書きます))